ワンランク上の学校に進学したいから利用した予備校

予備校に通っていました

私は以前、予備校に通っていた事があります。
当時の成績は確かに凄く良いという訳ではありませんでしたが、悪いという事もありませんでした。
大学受験の時も志望校のランクを下げれば確実に合格する事が出来ると担任には言われていたのを覚えています。
ただ私としては将来にも影響すると思っていたので、簡単に志望校を変えたりしたくありません。
出来るだけ自分の目標をかなえたい、希望する所に進学したいと思い勉強していました。
しかし学校で勉強をして、自分だけで後は勉強するスタイルにも限りがありました。
特にそれを感じたのは高校2年の時でした。
周りも受験に対して意識する様になってきて、クラスの雰囲気も変わって行きました。
私自身はさぼっているつもりは全くありませんでしたが、定期考査を受けても順位が上がらないし、何より校外模試を受けても思った様な結果になりません。
勉強量は決して少ないとは思わなかったのですが、結果が伴わないと言う事は、そもそも方法が間違っているのではないかと言う結論に達しました。

予備校に通っていましたまず見直す事にしたのが自分の勉強スタイル予備校で良い勉強法・勉強場所に出会う事が出来た